上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ツ★ベルばら-ベルナール編-

昨日、静岡公演を終え
全ツ組は残すこと高松・岡山公演!

で、

いまさら感MAXですが、いろいろ書いておこ。

長文になったので隠します。


★ベルばら-ベルナール編-



観る前→はぁ、またベルばらかよ・・・。何度目だよぉ・・・。
観た後→悔しぃー!ベルばらのクセに、いいじゃないかー

これほどまでに、
(いい意味で)裏切られたベルばらが今まであったでしょうか。

お芝居の始まりが、外伝じゃない!

ベルナールが過去を振り返ってないし、
ロザリーが幽霊じゃない!
これは事件ダ!

貴族のご婦人方のひぇー合戦は、植田ベルばら度満開。
ここ、長いけどご婦人コトコトがカワイイのでガマン・・・ガマン。

「私は怪しい者です」「変装してます。わたくし黒い騎士です。」
バイオリンをしてなくても、見た目でわかるよ、
バレバレだよな格好でベルナールさん登場。
(初見の時、笑ってしもた)(とうこさん、ゴメンナサイ)

んで、

なんで、わざわざオスカルの前に現れたのだ?
オスカルへの挑戦状なのか?
逃げ道がソコしかなかったのか?
という疑問が消えぬまま、オスカルとカンカンカンと剣をまじえます。
(とうこさん、秘密狩人からずっと剣持ってるやん(驚))
ベルナールの着てる動きにくいお衣装はご丁寧にも近衛兵達が脱がしてくれます。

ここのオスカル。
まるで、着物を着てるかのような時代劇台詞のオンパレード(苦笑)
植田クオリティ健在です。

貴族が贅沢な暮らししてるからパリはえらいこっちゃやねん。
オスカル、知ってんのか?え?知らんやろー!
ちゃっちゃと、処刑台に連れていけや。けっ。

野郎風味漂うベルナール、バンザーイ!
カッチョイイー。
いいわー。こういうとうこさんスキ(^▽^)

私の春風・ロザリー登場。
きゃっ・・・きゃわいぃぃぃぃぃー!!
犯罪的なかわいさ!

ケガした左腕を押さえながら座ってるとこ。
たまらんっ!めっちゃ、ツボ!!ガッゴイイ――!!

ベルナールとロザリー、10年ぶりの再会。
徳光さんがいたら号泣もんです。
(ここあたりから、ベルナールとロザリーの年齢に関しての疑問がでてきます)

ベルナールの後ろをついてまわるロザリー。
ウッドロウとリビィみたいー。

「ロッザリィ!いい加減にしてくれ!」
ここの「ロッザリィ」の言い方、ツボ。

ベルナール、ロザリーに告白。
「好きになってもいいか」
これ、お友達の紅緒ちゃんが名言だと言っておりました。
うんうん!ちょっと頬が赤くなる台詞ですがイイ(笑)

パリに戻ったベルナール。
ロベちゃん登場。
こっちのロベちゃんは良い人風味漂ってます。

前代未聞。
バスティーユの場面でベルナールがセンターにいます!
星組らしさ漂うバスティーユ。
市民、みんな、強くて濃いぃ、そしてカッコイイです。

バスティーユから10年。
戦争孤児をお世話してるアランを訪ねるベル&ロザリーは、
長年連れ添った夫婦感たっぷりです。
(とうあすの凄さを体感)

右腕を失ったアラン。
なぜ、剣が左腰に?????
剣抜けないやん。右にはできないのかね。

で、ベルナールが「腕の調子はどうだ?」と聞くんだけど、
怪我して手術してリハビリしてスグじゃないんだから・・・。
10年も経ってたら、しっくりいってると思いますガ・・・。

ここの、
赤ちゃんできないの・・・のくだりが
ものすんごい、こっぱずかしいのですが(^^;
ものすんごい、リアルな感じでちょっとイヤなんですが(^^;

ナポレオン暗殺の決行日時を孤児達がロザリーにお知らせ。
ベルナールに嘘を言ったロザリー。

暗殺計画失敗。アランの死。
決行日を嘘つかれたことに怒るベルナールはロザリーを
バシッッと叩きます!

女を殴るなんてぇぇぇぇーーーー!ありえなーい!
そんなベルナール、いーやーだー!
ここの演出、キライ(怒)

「こんなこともあろうかと」
孤児達が事情を話に&アランからのお手紙を渡しにきます。
そんな大事なお仕事を子供にさせちゃーいけません。

ベルナール、すまない。
ロザリーに嘘つかせたんは、オレ。
孤児達をヨロシク頼む
byアラン

いきなり、あんな大人数の孤児を任せるのは、ちょっと、どうかと。
一言、相談を・・・。

待望の赤ちゃんが授かったことを報告するロザリー。
唯一、残った者たちで、そして家族で、
語り継ぐことが義務であり大事だと。

ここ、メロドラマ風味です。

そうだな と、納得するベルナール。


で、幕。



観るたび、
「オベリスク」が頭の中でぐるんぐるん。

ベルばらは、
とうあすの芝居のふり幅を改めて実感した公演でした。

星組さん(特に上級生)は、
ベルばら慣れ、コスチューム慣れしてるので
所作ゴトもキレイだなって思いました。


***

某場所で、
ゴーストライターがいるんじゃ?疑惑やら、
助手の鈴木圭の演出じゃないの?疑惑やら
いろいろ言われてますが、
正直、疑われてもしかたないっすね(爆)
ほんと、これ・・・・先生なの(^^;??

初見で感動したベルばらも回を重ねると
台詞の繰り返しやら、変な台詞の数々。
時系列のおかしさ等々が見えてきてしまいますね(^^;

でも、

植田ベルばらが苦手でも楽しめたことが、
ほんと、嬉しい誤算です(^^)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
あれは名言ですよ(笑)!!かっこいい~(*^_^*)
素敵☆
さくらちゃんの記事めちゃくちゃツボでした(爆)一人でウケてしまいました(爆)
紅緒 | URL | 2008/12/04/Thu 21:37 [EDIT]
★紅緒ちゃん
明日から、その名言を聞き旅立つワ(笑)
ウケてくれてアリガトー♪(^^)

現地からまたメールするねー。
さくら(お返事) | URL | 2008/12/04/Thu 23:35 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://sakuradiario.blog113.fc2.com/tb.php/918-ccffaa5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。