上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あすかちゃん

可能性広げる 異色のヒロイン 星組・遠野あすか「スカーレット・ピンパーネル」

あすかちゃん。
産経のインタビュー記事です。

「キツい役が続きますが、本当はシンデレラみたいな役が一番ラク。でも娘役のパターンはもっと広くていいと思う。思い切りアイドルだったり、すごく大人の女だったり…。娘役が働いて(男役を)立てる方が魅力的だし、違いが見える。だから後世の娘役のため、今、失敗できない、というプレッシャーはあります」



ギルダ、マルグリット。
あすかちゃんならではの役柄・キャラクターですよね。

あすかちゃんは、
宝塚のヒロインでは珍しい性格の役柄を、見事に演じて自分のものにして
宝塚の娘役の幅を広げてるなって思います。

マルグリットは、
アクセサリーや鬘、雰囲気を始め小池先生からの要望が多くて
役作りに大変だったようですが、
その苦労が全ていい形となって舞台に生きて、
舞台から放つオーラは本当にスゴイです。
マルグリットは、あすかちゃんの当たり役で代表作になったと思います☆

民衆に訴え民衆の心を震えさせる「ひとかけらの勇気」が
かっこよくて強くて・・・大好きです。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://sakuradiario.blog113.fc2.com/tb.php/774-127e34a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。